電子ピアノを長持ちさせる方法

せっかく買った電子ピアノ、けして安い買い物ではないですからできるだけ大切に使いたいですよね。既に持っている電子ピアノの買取りをお願いする時にも、状態が良い電子ピアノは高価格での買取りが期待できますので、日々のお手入れはとても重要です。
今回は簡単にできる電子ピアノの保管のコツやお手入れの方法を紹介していきますので是非参考にしてみてください。

電子ピアノとは、木と金属とプラスチック、エトセトラ等で加工されて作られた商品です。私たち人が過ごしやすいと感じる室温が電子ピアノにとっても最適な室温になります。電子ピアノを置いておく場所としてお勧めできないのが直接日の光が当たってしまうような場所です。

直射日光は電子ピアノの本体の色やけ、ボディーの歪みや剥がれ等が生じやすくなり、状態が悪くなってしまいます。

せっかく置いておくなら綺麗なまま置いておきたいですし、電子ピアノを買取りしてもらう時にもボディーの状態は重要な査定項目になりますので設置場所に少し気を配ってみてください。

日当たりの良い場所に置く場合にはレースのカーテン等で直射日光を和らげてみてはどうでしょうか。当店でもお勧めの方法です。

電子ピアノは、高い湿度と水にとても弱い楽器です。

ですからキッチンなど水を使用することの多い場所からは離して置いておくことをお勧めします。電子ピアノには金属部品も搭載されており、湿度・水分の高い場所に設置すると、金属部品が錆びてしまうことがあります。綺麗な音が出なくなってしまうトラブルや故障の原因になりますので設置場所には気を遣ってみることも保管のコツの一つです。

鍵盤の取扱いについて

鍵盤は電子ピアノのパーツの中でも重要なパーツの一つです。
音の質やタッチなどは鍵盤に依存する部分が多いと言えるでしょう。
当店も長く電子ピアノの買取・販売を営んでおりますが鍵盤の状態に拘られる方はとても多いです。可能な限り取扱いには注意しておくと良いでしょう。

万が一小さなお子様がジュースや水等をこぼし鍵盤の中に入った時は、すぐにコンセントを抜き、当社もしくはメーカーにご連絡下さい。

鍵盤の隙間に小さなお子様が、クリップ・コイン等を入れてしまう場合がありますが、これも故障の原因になりますのでお気をつけてください。

スライド蓋の上に本、紙などを載せたまま開けると、紙が中に入ってしまうことがありますので、鍵盤蓋の上に乗せたまま開けることのないようご注意下さい。

ボディーのお手入れの仕方

ボディーのお手入れも欠かせない重要なポイントになります。
当店に電子ピアノの販売・買取りにこられるお客様の殆どはボディーの状態がなるべく良いものに拘る方が大多数です。

ボディーのお手入れに関しては専用ワックスがございます。専用ワックスはつや消し用ワックス、半つや用ワックス、つや有りワックス等3種類のワックスがあります。機種に合わせて適切なものをお選び下さい

グーグル、ヤフー等でお調べ頂ければ通販にて販売しているサイトが多数見つかりますし、楽器店にも置いてあるものですので購入は難しいものではありません。当店でも専門のスタッフがお勧めのワックスを販売しておりますのでお気軽にお問い合わせください。